メディセル

メディセルで行う筋膜リリースとは

メディセル療法とは、筋膜リリースのパイオニア・MJカンパニーによる筋膜リリース機器メディセルを使用し、筋膜のねじれや拘縮を解きほぐす療法です。
メディセルは皮膚吸引という方法で、皮膚を直接吸引することにより、結合組織のゲル化や高密度化等の間質液(リンパ液等)の循環不良を、頭から足の先まで、様々なヘッドと専用機器を用い、優しく素早く安全にリリース(解放)する 方法です。日本語で「Fascia」=「筋膜」と訳されるため、国内では筋膜リリースやメディセル筋膜療法としています。言い換えると、「結合組織循環療法」又は「膜循環療法」となります。
独自の皮膚吸引によって、血液とリンパ液の流れを良くすることで押すだけでは解決出来なかった痛みやむくみを解消することができます。

筋膜とは

皮下で筋肉を包み込んでいる「筋膜」。この筋膜が正常なことで、筋肉同士の摩擦を防ぎ、身体の滑らかな動きを助ける役割があります。しかし筋膜の癒着が起こり、成分が一部分に偏り、脱水してしまうことによって接着剤のようになってしまう状態が「こり」と呼ばれる現象です。この状態が長く続くと血行不良を起こし様々な不調を引きおこします。

筋膜がねじれると?

筋膜のねじれによって起こる「循環不良」は、発痛や腫れ、むくみ・頭痛・肩こり・腰痛・冷え・生理痛・
ボディラインの崩れの原因とされています。
また筋膜の拘縮(※)も近年問題視され始め、筋膜の拘縮は膜の下にある組織を圧迫すると言われております。
膜は筋肉だけではなく、骨や内臓そして神経を被っています。
したがって、膜が拘縮されると筋肉だけではなく骨や内臓、神経に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。
※拘縮・・・何らかの原因により可動域制限を起こすこと

メディセル筋膜吸引法とは

メディセル筋膜吸引法では、皮膚を直接吸引して筋膜の癒着や捻じれを正し、筋膜の癒着を改善することが可能です。下の図はメディセル施術前と施術後の比較の図です。
血液、リンパ液などの循環を高め、神経からくる痛みの原因を改善、本来の身体の機能をとり戻すことを目的としています。
コンサドーレ札幌やプロ野球チームや、トップアスリートなどの専属トレーナーの間では運動パフォーマンスupや身体の回復を早めるケアとして、また全国の治療院、サロンでは痛みの治療改善のために使用されている治療方法です。

なぜ、筋膜がねじれるのか?

①使いすぎ
筋肉それ自体も、筋肉を包んでいる筋膜も、過剰な伸び縮みを繰り返すことで、どんどん硬く強ばってムラができてしまいます。そうなると血液やリンパ液の流れが悪くなって、痛みや可動域制限の原因になる物質が溜まり、結果として筋膜がねじれてしまいます。

②不動
じっとしているように見えても、筋肉は骨を支えるために力を出して、また体重を受け止めて圧迫されています。そのため、筋肉と筋肉を包んでいる筋膜も、押し潰された状態となり、血液やリンパ液の流れが悪くなると共に、筋肉と筋膜はお互いに押しつけられ、筋膜がねじれてしまいます。

メディセルの4つの効果

1

痛みを和らげる

皮下組織の隙間が狭くなると、リンパ液が滞り、神経を刺激して痛みが起こります。痛みに対して皮膚吸引を行うことで神経への刺激を緩和することができます。

2

血液やリンパの循環を良くする

血液やリンパ液の流れが悪くなると、うっ血状態となり神経を圧迫します。皮膚吸引を行うことで、血液やリンパ液の循環を良くし、むくみによる不定愁訴へアプローチすることができます。

3

筋肉の機能を整える

スポーツなどによるケガ、障害、使い過ぎによって痛めた筋肉に対し、皮膚吸引を行うことで、筋肉の滑走を高め、弱った機能を整えます。

4

関節の歪みを正す

同じ姿勢を長時間取り続けたり、スポーツによる怪我や障害が原因で、骨と骨をつなぐ筋肉が緊張してしまいます。皮膚吸引を行うことで筋肉の緊張を緩め、関節を正常な位置に戻します。

メディセルが効果的な理由は

皮膚の下には全身にわたり「筋膜」という繊維質の膜が張り巡らされていて、筋肉だけではなく、骨や内臓、血管や神経までの体内組織を包み保護しています。この筋膜の間には血管・リンパ管・神経などが通っています。また、筋膜には「痛みセンサー」が密集していることもわかっています。この筋膜は、身体の使い方の癖や、日常の姿勢、ケガによる障害など様々な要因によって癒着したり捻じれたりするわけですが…膜のすき間を通っている血液やリンパ液などの流れが阻害されることにより、コリ、痛み、むくみ、さらには太りやすくなったり、だるく感じたり、あらゆる不調・悪循環を起こしています。
びふぉー

そこでメディセルは、皮膚を直接吸引して上に引っ張り上げ、くっついていた部分に隙間を作ってくれます。

あふたー
一般的なマッサージと大きく違う点は、癒着している上から押したり、揉んだり、流したりするのではなく、引っ張り上げること!
 
引っ張り上げることで、血液、リンパ、神経の通り道に「隙間」が生まれ、スルスルと流れる正常な状態になり

癒着・硬縮していた筋肉も柔らかくなり、上手く動けるようになる

癒着の解放により循環不良による不調や痛みを解消。
『本来の身体機能を取り戻す』

こういったことが実証されています。



メディセル療法の流れ

カウンセリング

カウンセリング

お身体のお悩みや既往歴をお伺いします。そのお悩みの原因は何なのか等イラスト資料を使って丁寧に説明させていただきます。また、ナツメ堂の鍼灸治療はどのようなものなのか、理論や注意点も併せてお伝えいたします。長年の身体の不調などもどうぞご相談ください。

手技

手技で筋肉を柔らかくする

メディセルを使用する前に、まずは丁寧に筋肉の状態を確認しながら、もみほぐしていきます。

メディセル

メディセルにて筋膜リリース

様々なヘッドを使い皮膚を直接吸引することにより、優しく素早くスムーズに筋膜をリリースします。
筋膜がねじれたり拘縮している状態から、メディセルで筋膜リリースを行うことにより歪みのない筋膜(正常な状態)に戻します。

アフターカウンセリング

アフターカウンセリング

お着替えがすんだら、施術の振り返りと施術効果を確認していきます。施術前と後のお身体の状態と比較していただくと、痛みや硬さが軽減したことや、お身体の変化をその場で感じていただけます。日常生活の注意点や自宅での過ごし方、今後の治療計画などをご説明させていただきます。次回のご予約を確認され、お気をつけてお帰りくださいませ。

ご不明な点などがありましたら気軽にお問い合わせください。