BLOG

ナツメ堂のブログを
ご覧いただけます。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 骨盤矯正
  4. 足くび痩せが難しいと感じていませんか?スカートもスキニーも怖くない足首をつくる骨盤矯正。

足くび痩せが難しいと感じていませんか?スカートもスキニーも怖くない足首をつくる骨盤矯正。

足くびが太くなってきたな~、スカートを履いてちらっと見える足くびが気になるなんてことはないですか?

いつも足くびが隠れる服じゃなく、おしゃれも自信をもって楽しみたいですよね!

中々部分痩せは難しいとされていますが、実は当院の骨盤矯正では部分痩せが叶います。

 

<足くびが太くなる原因>

そももそ足くびはどうして太くなってしまうのでしょう??

原因

①骨盤の歪みによる足のゆがみ

②血行が悪くなることによる足の浮腫み

大きく2つある原因ですが、今日は①について詳しく解説していきます。

骨盤にゆがみが起こると、足全体への歪みが生じます。

骨盤の高さが左右変わってしまう事によって、足の長さが変わり歩くときに歪みが出たり…。

骨盤の歪みから足の外側の筋肉をたくさん使う事になり、筋肉性のO脚になり脚が歪んできたり…。

人によって脚の歪みの状態は様々ですが、足くびが太くなっている場合、脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)と呼ばれるひざ下にある骨が捻じれて足首が広がってしまいます。

 

<足くびを細くする方法>

何度も捻じれているというお話をしましたが、安心してください!しっかり足くびを細くすることが出来ます。

まずは基本となる骨盤矯正で、しっかり骨盤の歪みや脚全体の捻じれを改善していきます。

でも、足くび痩せに必要なのはここから!

脛骨と腓骨という骨がポイントになります。先ほども名前だけ少しお伝えしましたが、少し詳しく説明していきます。

人の足は、ひざ下に2本の骨があります。

それが何度もお伝えしている「脛骨(けいこつ)」と「腓骨(ひこつ)」です。

脛骨は、脚の内側にある太い骨。

よく「弁慶の泣き所」と言われる、いわゆる「すね」の骨の名前です。

一方、あまりなじみはないかもしれませんが、腓骨は脚の外側にある細い骨です。

この2本の骨のバランスを整えることで、足くびを引き締めていきます。

 

<一緒に引き締め!>

骨盤の歪みによって起こった、脛骨と腓骨の広がりをしっかりと締めていきます。

足くびを締める際にはお客様のご協力を必要です!

脛骨と腓骨をいい位置にセットした後、お伝えしたように一緒に動いてもらうことで、足くびがしまっていきます。

この動作をすると、足の裏がしっかり地面につくような感覚が得られて、足も軽く感じますよ!

<まとめ>

今日は当院で行える足くび痩せについてお伝えしてきました。

足くびを整えると、アキレス腱が綺麗にみれるので、パンツを履いて少し見える足くびがキレイに見えたりします。

パンプスを履いた時の足くびも綺麗に見えますね!

女性はスカートを履くことも多いので、足のラインはとても気にされる方が多いです。

骨盤矯正で姿勢も綺麗になり、脚のラインも綺麗になると、ウキウキした気分になりますよね!

お客様も鏡を見て喜ばれている方が多いです。

少しでも、ウキウキな気分になるお手伝いができたらと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.

本田 啓介

ナツメ堂鍼灸院のスタッフとして一年以上経ちましたが、安心丁寧な施術スタイルが好評。カウンセリングを大切にし、美容鍼灸や骨盤矯正を通して、トータルで女性の美と健康を追求し多くの信頼を得ています。 (財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師、柔道整復師

関連記事